中文版| English| 日本語| 한국어
    科学者の研究によると、人の寿命は120—175歳まで達することができるが、肝心なのは後天性要素にあるそうです。養護センターは入居者の 「生活品質の向上、健康安全の保障、寿命の延長」の実現を目的にして、入居者のためにやさしくて、科学的な健康養護サービスを提供するのです。入居者に気持ちが楽しくて、科学的に食事し、適切に運動するようにします。漢方医調理、及び乾細胞技術とその他の医学技術と互いに結合する方法を利用して、部分の半自立と非自立の入居者に、自立能力を回復させて、そして近いうちに、絶えずに百歳の長寿者が現れるようにします。
   「燕達国際医療投資管理有限公司」は中国北京の衛星都市・東燕郊に位置して、地理的にも優れていて、北京天安門まで30キロ、首都国際空港まで25キロ。燕達国際医院、燕達金色年華健康養護センター、医学研究院、医療看護育成学院、国際会議センターという五つの部分から構成されています。
燕達金色年華健康養護センターは、延べ建築面積約60万平方メートル、ベッド数12000床から構成されて、非常に大規模かつ国際化、情報化された、環境にやさしい健康養護センターです。当センターは、優雅な環境、優れた機能性と先進的な設備を備え、文化的な雰囲気に包まれています。当センターへのご入居は、ご健康養護、リハビリ医療、及びご長寿を保つ最も理想的なご選択となるでしょう。
    養護センターは世界一流のレベルを持つ米国JC養老基準によって管理とサービスを行い、ISO9001国際品質管理体系によって品質管理と監視を行って、日韓欧米各国の先進的な養老管理とサービス経験を汲み取って、2~3年間で当養護センターを国内一流のブランド、5~8年間で当センターを国際一流のブランドに作り上げて、住居者のために、国際一流の老年健康養護サービスを提供しようとしています。
    当センターは、入居者のご入居を心よりお待ちいたしております。私たちは入居者一人ひとりを家族として接し、きめ細かな配慮と真心を込めた暖かいサービスをご提供いたします。ここでなら、入居者は家族の暖かさをお感じになられて、晴れ晴れとしたお気持ちと健康なお身体で、充実した生活をお過ごしになることができるでしょう。
入居者により詳しく当センターを知って頂くために、以下、当センターの設置したい様々な機能と医療入居養護サービス案内についてご紹介いたします。何卒ご一読下さいませ。
一、養護エリア
    当センターは入居者の入居養護の需要に応じて、2タイプの養護建物を建てて、つまり住宅式庭園つき洋館と星ランクのホテル式養護建物。
1、自立養護エリア
各自立養護エリアはみんな単独な看護ステーションに一棟、住宅式庭園つき洋館に二棟囲まれているのです。
各住宅式庭園つき洋館は12階で、3つのユニットに分けられています。各棟は1つの単独な健康養護エリアで、1つの医療・看護グループを設置されて、各ユニットには専任全科目医師と専任看護婦を配置されて、当ユニットの入居者の診療・リハビリと健康管理に責任を負っています。各ユニットには一つの養護グループを設置されて、国外から導入された看護主管者、補佐看護婦と看護人を配置されて、当ユニットの入居者の生活養護サービスに責任を負っています。医者、看護婦、補佐看護婦と看護人は皆24時間の当番を実行して、全天候でサービスを提供しています。
自立養護エリアのご住居:間取りは1LDK(面積の66平方メートルと70平方メートルという2タイプ)、2LDK(面積は86平方メートル)、及び3LDK(面積は108平方メートル)、4LDK(面積は123平方メートル)があります。国籍の異なった入居者の習慣に応じて、それぞれ中国式、韓国式、日本式、ヨーロッパ式、アメリカ式など様々な風格のご居住を設けられています。
 自立養護エリアの住宅式庭園つき洋館には、各種の家具、家電、寝具、料理道具、衛生用品とその他の生活設備が取りそろっています。各居住の客間、枕元と洗面所にはコールラジオが取り付けられていて、入居者は必要な時に直接にサービススタッフを呼び出すことができます。台所と洗面所には非常呼出ボタンが設置されていて、入居者は非常な場合に、簡単にボタンを押すと、サービススタッフは直ちにやってきて、助けを提供するのです。当センターは温泉をそのまま入居者一人一人の浴槽に取り入れて、入居者は部屋にいながら、温泉を楽しむことができます。
 自立養護エリアの対象入居者:日常生活に完全に自立して、各種の生活補助設備と他人の看護に頼らないお客様。
2、半自立と非自立養護エリア
 各半自立と非自立養護エリアは星ランクつきのホテル式養護建物で、中の地下一階は料理場、地上一階は看護ステーション、2階以上は入居者のご住居です。
 各星ランクつきホテル式養護建物は皆12階です。各棟は、1つの独立な健康かごエリアで、2階以上の入居者のご住居では各階段に看護フロント、診療室、薬局、受付エリア、休憩所、定食室、入居者レストラン、クリーニングルームが設置されています。各棟には医療・看護ステーション、専任正副主任医師、全科目医師と専任看護婦を配置され、当階段の入居者の診療・リハビリと健康管理に責任を負っています。各階段には一つの養護グループを設置されて、国外から導入された看護主管者、補佐看護婦と看護人を配置されて、当階段の入居者の生活養護サービスに責任を負っています。医者、看護婦、補佐看護婦と看護人は皆24時間の当番を実行して、全天候でサービスを提供しています。
各半自立と非自立養護エリアの入居者のご住所:1寝室(ツインで、面積は36平方メートル)、2ルームスイート(1寝室+1リビングで、面積は72平方メートル)、及び3ルームスイート(2寝室+1リビングで、面積は108平方メートル)です。
 各半自立と非自立養護エリアの星ランクつきホテル式居住には、各種の家具、家電、寝具、料理道具、衛生用品とその他の生活設備が星ランクつきホテルのルームのように配置されていて、看護ベッドは特製のワイデン電動ロッキングの医療ベッドです。各居住のリビングルーム、枕元にはコールラジオと酸素装置が取り付けられていて、入居者は必要な時に直接にサービススタッフを呼び出すことができます。トイレの便器と浴槽の縁には非常呼出ボタンが設置されていて、入居者は非常な場合に、簡単にボタンを押すと、サービススタッフは直ちにやってきて、助けを提供するのです。当センターは温泉をそのまま入居者一人一人の浴槽に取り入れて、入居者は部屋にいながら、温泉を楽しむことができます。
 半自立養護エリアに配置されている生活補助設備と健康回復設備:半自立養護エリアの各階層には、シフトマシン、スタンディング及び上昇シフトマシン、ウォーキングトレーナーなどを配置されています。
 非自分養護エリアでに配置されている生活補助設備と健康リハビリ設備:非自立養護エリアの各階層には、公共浴室を設けられていて、先進的な洗浴と水治療法設備を配置されています。部分の階層全体では一そろいの天井レールシフトシステム(ルーム、洗面所、回廊、レストラン、公共活動エリア、診療室、公共浴室などを一体とつなぎます)配置しています。
二、看護ステーション
 1、当センターは自立、半自立、非自立の入居者のために、それぞれ看護ステーションを設置しています。自立看護ステーションは住宅式庭園付き洋館の間に、半自立、非自立養護エリアの看護ステーションをホテル式建物の一階に設置しています。
 2、自立看護ステーションには、多機能活動エリア、医者・看護婦当直室、診療室、点滴室、薬局、中華料理店、洋食レストラン、特色レストラン、半屋外観光活動エリア、スタッフレストランとスタッフ当直室を設置しています。また、自立入居者の比例に応じて、医者、看護婦、看護スタッフ、栄養士、料理人とサービススタッフなどを適切に配置し、入居者に医療、看護、休養の一体となる健康養護サービスをご提供いたします
 3、半自立・非自立看護ステーション内には、24時間フロント、医者・看護婦当直室、モニタリングルーム、入居者レストラン、健康回復室、公共活動エリアなどを設置しています。また、半自立、非自立それぞれのご入居者の比例に応じて、医者、看護婦、看護スタッフ、栄養士、料理人とサービススタッフなどを適切に配置し、入居者に医療、看護、休養の一体となる健康養護サービスをご提供いたします
4、星ランクつきホテル式養護建物については、上述の設置された看護ステーションの持つ各機能以外、各階段にはそれぞれ看護婦ステーション、医療・看護当直室、診療室と薬局、フィットネスと体機能リハビリエリア、多機能活動エリア、レストラン、娯楽エリアと公用浴室を設けられています。
三、多機能ストリート
 当センターの入局者のために建造した多機能中心街は東西に延びて、総面積は40000平方メートルあまり、全部で3階あり、中の半地下一階には温泉プール、サウナルーム、美容室、心理相談室、沈下式多機能活動広場、ボール館、カードルーム、トレーニング・ジムなどが設置されています。地上一階には接待ホール、スーパーマーケット、音楽室、多機能ホール、薬局、中国料理レストラン、コミュニティ病院、老年大学、銀行、郵便局と教会堂などが設置されています。二階には図書館、喫茶店、バー、茶道室、洋食レストランなどがあります。
 1、多機能ストリートは半地下一階に設置
 (1)温泉プール:温泉プールと男性、女性シャワールームが設置されて、救命員と各種の水泳、人命救助施設が配置されています。
(2)サウナルーム:男賓客部と女賓客部があり、そしてそれぞれ薬浴槽、温泉浴槽、サウナルーム、マッサージルームとシャワールームが設置されています。
(3)美容室:理髪室と美容・ボディシェーピンッグルームがあり、ヘアデザイナー、理髪師、美容師と造型、カラー・パーマ、美容・ボディシェーピンッグなどの施設と器具を配置されています。
(4)沈下式多機能活動広場:室外音響施設が配置されて、それによって、入居者は露天ダンス、舞踊稽古、フィットネス体操、太極拳などの多くの娯楽・トレーニングを行うことができます。
 (5)心理相談室:専任心理カウンセラー、心理テストソフトウェア、心理テストアナライザ、精神(心理)ストレスアナライザ、生物フィード・バック治療器、リラックス治療器、音楽治療器などの設備が配置されています。
(6)ボール館:卓球、ビリヤード、シャッフルボール、サイクロンボールなど球技施設があります。
(7)カードルーム:トランプ、マージャンなど様々なチェスが備わっていて、入居者は自分の好みによって異なる娯楽方式を選択できます。
(8)トレーニング・ジム:トレッドミル、自転車、ローイングマシーンなどのいろいろな有酸素運動とフィットネス機器があり、また専任フィットネスコーチもあって、入居者のために様々な科学的な運動とフィットネスの指導を提供します。
(9)書画ルーム:様々な書道と絵画の用具があり、書画愛好者である入居者のために、交流の場所を提供して、入居者に墨の香りの中で趣きいっぱいの生活を楽しませます。
2 多機能ストリート一階の機能
 (1)接待ロビー:サービスカウンター、受付室、応接室、健康城地形模型、チャージオフィス、カスタマサービス部、24時間ホットラインなどの機能と施設が設けられています。
(2)スーパー:様々な商品は揃えていて、入居者の日常生活の需要を満たすことができます。
(3)ミュージックルーム:ピアノ、サックス、箏、二胡などいろいろな中国、西洋の楽器があって、入居者の様々な音楽趣味の需要を満たすことができます。
(4)多機能ホール:舞台と照明、音響、マルチメディア映画・テレビ放送設備が設置されていて、ダンス、絵画展、カラオケ、映画・テレビ賞味などのいろいろな文化娯楽活動を行うことができます。
(5)老年大学:定期的に国内外の政治動態、経済発展、科学技術知識、心理衛生、飲食栄養、健康保健、養生リハビリについての講座を行います。入居者に才気を引き続き発揮させるために、また、特に政治、経済、哲学などの教室を設立して、しかも特別賞をも設けて、入居者に自己価値を実現する楽しみを味わせます。
 (6)中国料理レストラン:様々な料理の専任調理師を配置していて、入居者にためにごちそうを料理して、入居者に多彩な中国の飲食文化を体験させます。
(7)コミュニティ病院:内科、外科、婦人科、目耳鼻咽喉科外来診療部、漢方医専門家外来診療部、カラードップラー検査室、X線診断室、心電図検査室、常規と生物化学検査室、健康教育室、健康書類管理室、女性保健室、予防接種室などが設置されていて、入居者のために医療、健康診断、健康管理と予防保健のサービスを提供します。
(8)薬局:それぞれ専門的な漢方薬局と西洋薬局が設置されていて、各種の老人疾患、一般的な病気、慢性病の治療とサプリメントがあるので、入居者は必要な時に選択できます。
(9)銀行、郵便局:専門的な銀行と郵便局があって、入居者のために金融、郵便などの関連サービスを提供します。
(10)教会堂:当センターの宗教信仰の異なった人々のために設置している教会堂はカトリック教、キリスト教、イスラム教と仏教があります。各教会堂には専任サービススタッフが配置されて、入居者のキリスト礼拝、ミサ、拝謁と仏像礼拝のために助けを提供します。
 3、多機能ストリート二階の機能
(1)図書館:入居者の閲読のために、古今東西の各種の名著、科学的な書籍、様々な新聞雑誌と電子ブックを備えていて、入居者は情報化時代でタイムリに最新の情報を得ることができます。
(2)喫茶店:各種の名ブランドのコーヒーがあって、入居者がチャート、パーソナルズレジャーする最も良い場所です。
(3)バー:世界各地の美酒があって、入居者は自分の好みによって選択できます。
(4)茶道室:様々な銘茶があって、専任茶芸師が配置されて、入居者はお茶を賞味しながら、中国の茶道文化を味わうことができます。
(5)洋食レストラン:専任の西洋料理師から入居者のために、ごちそうを作って、入居者に様々な西洋飲食を楽しませます。
多機能ストリートの以上の各項目はみんな国際標準によって設けられて、世界各地からの入居者は個性化の一流のサービスを享受できます。その中には、無料項目も有料項目(市場価格より低い)もあって、それは「燕達金色年華健康養護センター入居養護の料金基準」に詳しく説明られているのです。無料項目と有料項目(具体的な徴収価格を含む)は各サービス場所の関係規定に準じるべきです。
四、園区のその他の機能
1、魚釣り:園区内の4万平方メートル以上の水系帯状公園には魚がいろいろあり、、入居者は魚釣りの趣きを思う存分に楽しむことができます。
2、摘みとり:当センターの30万平方メートル近くの園区内には果樹が様々あって、たわわに実った果実が梢にいっぱい掛かっていて、入居者は自分の手で摘みとる趣きを楽しむことができます。
3、栽培:当センターの園区と一体となる生態園の中で、耕作用地が提供されて、入居者は自分の趣味によって、様々なの野菜、果物と花卉を栽培して、「神農」のような田園生活を存分に楽しむことができます。
4、ゴルフ:当センターは潮白川岸のすぐ隣に位置して、大堤の内にゴルフ場が建ててあり、ゴルフの好きな入居者はここで尊い楽しみと健康的な運動を得ることができます。
五、生活品質の向上、健康安全の保障、寿命の延長
当センターはしっかりと三大要素を捕まえて、9つの方面を通じて入居者の「生活品質の向上、健康安全の保障、寿命の延長」という目的を実現して、入居者のために、高品質の医療、看護、養護の一体化のサービスを提供します。
三大要素:基礎的要素、物理的要素と科学的要素。
9つの方面:良い気持ち、科学的な飲食、科学的な運動、生態環境、安全保障、機能リハビリ、医療養護、漢方医保養、乾細胞技術。
(一)基礎的要素
よい気持ち、科学的な飲食と科学的な運動という3つの方面を含む。
1、よい気持ち:人は年に寄った後、もとの持ち場から退職すると、多くの気持ち悪い要素が出てくるかも知れません。例えば、体力と精力の低減、権利と地位の喪失、当時の英雄事績と業績が過去のものになったことなど、これらは、老人に喪失感を生ませて、憂鬱な気分をもたらすに違いありません。したがって、当センターは設置したた様々な機能と訓練の行き届いた専門的なサービススタッフを通じて、老人に憂鬱を排除し、心を広め、ずっと楽しい気持ちを維持し、その生活品質を明らかに高めるように助けます。例えば:
 (1)当センターは多機能ストリートの設置された様々な機能を利用して、老人を組織していろいろな活動を行います。例えば、老年大学で様々な育成訓練、学習、講座と講演を展開するとか、科学研究の課題のある入居者のために科学研究場所と施設を提供するとか、潮白川岸で農園を切り開くとか、入居者を組織して当センターの園区と周辺の果樹園で摘みとるとか、健康城のすぐ隣に位置する潮白川岸に建造されたゴルフ場でゴルフをするとか。
(2)当センターの設立した心理相談室は、先進的な心理テストアナライザシステムと心理疾病治療設備を配備されて、そして専任の心理医者もあって、定期的に入居者にに対して集団心理カウンセリングと個別心理疾病の治療を行います。
 (3)当センターの配備している看護人は、大抵大学・専門学校卒の看護専門人材で、部分はフィリピンとその他の国家から導入されたものです。看護人に対する心理学、看護、サービス、言語などの各専門的な育成訓練を通じて、高素質の看護チームを作り上げて、看護人に入居者と心理的な交流及び疎通をする能力を身につけるようにして、毎日入居者とのチャートによって、心理的な交流を行って、問題を発見すると、直ちに疎通し、随時入居者のために困難を解決して差し上げます。
(4)看護人は毎日定時的に入居者のご住居に対してクリーニング、寝床片づけ、洗濯と飲食サービスなどをして、半自立と非自立の入居者に対しては、看護人はまた定時的に入居者の活動を助けて、飲食、着服、洗浴、大小便と個人衛生などの生活的な世話をして、入居者に親族的で暖かいサービスを享受させ、自宅で親孝行をされた感じを与えます。
 2、科学的な飲食:「何を食べて何を補う」という諺は、科学的な根拠が足りないが、科学的、健康な飲食方法は何が欠いて何を補うのであるものとします。人々は体素質によって健康状況が異なって、一定の時期に欠いた栄養成分は異なっているから、漢方医理論によると、体質が弱い場合、強補されてはならなくて、弱ければ補われないので、一歩一歩と補うものとするのです。したがって、人々に絶えずに健康診断、評価を行って、体具合によって、何が欠いて何を補うべきです。
 当センターはすぐ隣に位置する燕達国際病院以外に、多機能ストリート内にコミュニティ病院をも建てられて、専任の漢方医者と西洋医者、専用の医療設備を配置されていて、入居者のために定期的な無料健康診断と健康評価を行います。各養護エリア内にも、漢方医者と西洋医者を配備され、毎日入居者の体具合に対して監視測定して、入居者の体具合についてよく知っていて、入居者の体具合と需要に応じて、いつでも栄養・飲食、食療と薬膳などの栄養補給方案を調整できます。当センターの各養護建物に配置されている専任の栄養士と各料理に調理師は、医者の提案と入居者の好みによって、栄養の豊かで、おいしくて口に合うごちそうを料理して、入居者に良好な食欲と均衡的な栄養を維持させます。
 3、科学的な運動:「生命の源は運動にあり」という諺がありますが、でも、この諺は非科学的です。ご周知のように、スポーツ選手が長寿できないのは、長い時間の激しすぎた運動が体の機能に損害をもたらして、つまりスポーツ選手の運動は科学的ではなくて、非科学的な運動方式は体に対して無益どころか、有害ですから。
 当センターは入居者への定期的な健康診断と健康評価を通じて、各入居者の体具合によって、科学的、個性的な運動方案を制定して、入居者にフィットネス体操、太極拳、フィットネス器械、様々な球技などの適当な運動方式を選ぶように助けて、各入居者に自分の体具合に基づき、科学的に運動し、良好な健康状況を維持できるようにします。
(二)物理的要素
生態環境、安全性保障と機能リハビリという三つの方面を含む。
1、生態環境:当センターは潮白川岸に位置して、川の両岸には大きな林と果樹園があり、周辺には工場とその他の汚染源がなくて、生態的に優れています。当センターの位置している燕郊経済技術開発区は、ハイテク産業と不動産開発を主な産業とする新興近代化都市で、その空気質は年間大体1級の基準に達して、当センターの入居者の健康養護生活に、優良な環境保障を提供しています。
当センター内の緑化面積は50%近くに達し、病院と当センターの間に位置して、総面積の4万平方メートルあまりの水系帯状公園は、健康城の環境を美化するばかりでなく、更に健康城区域内の空気湿度を増加できて、周辺の環境を改善する役割を果たすことができます。
当センターの入居者のご住居の建築・内装材料は、皆厳格にグリーン環境保全標準によって、特異な匂いなしのグリーン環境保全材料を採用して、有毒・有害ガスがなくて、住居内の空気質は国家の関連基準に達しています。
 2、安全性保障:当センターは一連の有効な手段をとって入居者の体健康と人身財産
の安全を保障します。
(1)当センターは入居者の食品衛生の安全のために、もっぱら農産物と野菜と肉・卵の供給基地を創立して、そして一通りの科学的、厳密な検査監視システムをも創立して、食品の出所、生産加工、流通と消費に対して厳格な検査、監督を行い、その安全性を確保します。
(2)当センターは入居者の飲み水の衛生安全のために、厳格に「世界保健機関水質衛生準則」に基づき、燕山山脈の豊かな深層地下水資源を採用して、処理と検査の上、ミネラル・ウォーターの規格に達成しています。
(3)当センターは入居者の人身財産の安全のために、もっぱら安全防護モニターリング・システム、消防安全システムを設けて、そして保安保護人が配置され、24時間でパトロールと当番をして、入居者の人身財産の安全を保障します。
(4)当センターは各入居者のご住居には医者・患者インターホンシステム、非常コールシステムなどを設置して、各入居者の枕元にはンターホンを設けて、看護ステーションに設置してある呼出表示とインターホンシステムと繋がり、入居者のご住居のベッドルームと洗面所には非常ボタンが設置されて、サービス当番室につながって、インターホンで医療関係者を呼び出し、または非常ボタンを押すと、サービススタッフは直ちにお身回りにやってくることができます。
 3、機能リハビリ:当センターは各棟のホテル式養護建物の一階に、専門的な機能リハビリルームとリハビリ治療室を設置して、様々な先進的なリハビリ治療設備を配備しています。2階以上の診療室内には皆物理療法のリハビリ設備を配備しています。すべての看護人に対して専門的なリハビリ治療技術指導を行いました。半自立・非自立の入居者は高品質の健康養護サービスを享受すると同時に、さらに体機能のリハビリテーションとリハビリ治療もできます。看護人とリハビリ治療師の長期にわたる専門的なリハビリテーションと治療を通じて、部分の半自立・非自立の入居者に体機能と自立能力を回復させることができます。
(三)科学的な要素
医療養護、漢方保養と乾細胞技術という三つの方面を含む。
1、医療養護:
当センターは自立、半自立、非自立の入居者の割合に応じて、高素質の医者、看護婦などを配備して、入居者のために医療養護サービスを提供します。入居者の体具合の需要に応じて、医療養護サービス、飲食、運動、睡眠、生活規則、心理的諮問、保健などの医療看護方案を制定して、それによって入居者に科学的な健康医療養護の目的を実現させます。
 (1)疾病診療:当センターの中で、入居者の慢性病、よくある病気、普通疾患に対して無料治療(薬品、使い捨ての器材及び病院への診療は例外)を行います。
住宅式庭園つき洋館の入居者については、その日常保健、慢性病、よくある病気、普通疾患の治療は、専任の医者と看護婦から自立看護ステーションの診療室と点滴室で行います。
星ランクつきホテル式建物の入居者については、その日常保健、慢性病、よくあるな病気、普通疾患の治療とリハビリは、専任の医者と看護婦から入居者のご住居の中で行います。
入居者の罹った病気が入院治療を必要とする場合、サービススタッフは入居者を燕達国際病院へ治療に護送します。
 (2)専門的な看護:当センターは自立、半自立、非自立の入居者の異なる需要に応じて、養護サービスを提供するように専任看護婦を配備しています。
住宅式庭園つき洋館の自立入居エリアでは、ユニットごとに、専任看護婦が一人配置されて、当ユニットの入居者のために、よくある病気と慢性病の看護治療、心理的指導、健康教育、リハビリ指導、健康促進などというサービスを提供しています。
星ランクつきホテル式建物の半自立・非自立入居エリアでは、一階ごとに専任看護婦が一人配置されて、当ユニットの入居者のために、よくある病気と慢性病の看護治療、体機能のリハビリ治療、心理的指導、健康教育、健康管理などというサービスを提供しています。
 (3)健康診断と健康管理:当センターの設けたコミュニティ病院では、専任の医療関係人員と様々な検査設備が配置されて、入居者のために、定期的に無料健康診断と健康評価を提供し、それぞれ個人の健康書類を創立し、医療・看護方案を制定して、入居者の健康状況に対して長期にわたる監視測定を行って、全面的に入居者の体健康を保持・管理しています。
入居者が入居手続きを取り扱う時に、それらのために、まず健康診断と健康評価を行い、そして個人の健康書類を創立し、医療看護の方案を制定します。
入居者のご入居が満6ヶ月ごとに、無料健康診断を一回(詳しくは健康診断明細表参照)与えて、健康診断の上、再び健康評価を行って、入居者の体具合によって医療看護方案を調整します。
入居者の体具合のため、健康診断を必要とする場合、以上の時間の限りはありません。
 (6)生命安全の監視:入居者の中のハイリスク患者に対しては、体に異常が発生した場合、タイムリーな救護を得ることができるように、現代的な科学技術を利用して、心臓、血圧、体温に対して、昼夜でリモート・センシング監視測定を行っています。
(7)生活援助とリハビリ:当センタ―はハイテクの生活援助とリハビリ設備を導入することによって、半自立と非自立の入居者の生活に対して生活援助の役割を果たすことができ、また体機能のリハビリの役割を果たすこともできます。例えば:立上がり、歩き、室外へ活動し、日光浴び、リハビリテーションを行うように助けることができるばかりでなく、また入居者に洗浴、大小便などの様々な生活における世話ができます。
(8)温泉・酸素の入室:当センターは温泉を各入居者のご住居に導入して、入居者に住居の中にいながら、温泉洗浴を享受できるようにして、入居者の体に対して保健の役割を果たすことができます。半自立・非自立入居者の住居については、酸素入室もあり、半自立・非自立入居者は体の具合によって、酸素を吸い込むことができます。
(9)入居者の体測定:当センターは入居者の体具合によって、毎日または定期的に入居者のために血圧、体温、心臓と関連体状態の定例検査と測定を行います。
(10)科学的な養生:当センターは入居者の体具合によって、科学的個性的な「養生方案」を制定して、入居者に不良な生活習慣を是正し、飲食、日常生活、スポーツ・フィットネスの方式を規範に合わせるように指導しています。入居者に良好な睡眠、日常生活、飲食、スポーツ、フィットネスなどの生活習慣をつけて、科学的な生活様式を形成するように助けます。
 2、漢方保養:当センターは、自立、半自立、非自立の各養護建物に臨床経験の豊かな漢方医者を配置して、慢性病と難病にかかった入居者に対して漢方保養を行って、病状によって鍼灸、あんま、つぼマッサージ、スクレイピング、カッピングと漢方医・漢方薬などの様々な手段を取って、部分の入居者に体機能を回復させ、かかった病をリハビリさせます。
 3、乾細胞技術:当センターは、燕達国際病院の一流の医療技術と燕達医学研究院の先端研究設備に頼り、研究院の国際標準によって設けられた10万組乾細胞ベースを介し、その他の医学技術手段と乾細胞技術の互いに結合する方法を利用して、各種の老年病、よくある病気、慢性病にかかった入居者に対して、総合的な治療を行って、入居者に最新の医療科学技術成果を享受でき、部分の半自立、非自立入居者に健康と自立能力を回復できるようにしています。
 燕達金色年華健康養護センターは「お客様は至上、サービスは至上」という原則に沿って、世界一流のサービス基準に基づき、以上の様々な機能とサービスを通じて、入居者のために暖かくて心地良い健康長寿楽園を作り上げて、確実に「生活品質の向上、健康安全の保障、寿命の延長」という目的を実現して、入居者に「老いても養護があり、老いても学ぶべきものがあり、老いても成就があり」、美しい金色年華を無事に過ごすことができるようにします。
いかなる要求と疑問があったら、いつでも当センターのホットラインをかけて、または各階のサービススタッフに問い合わせてください。
24時間サービスホットライン:400-898-2010

自立養護エリア提供可能なサービス項目と内 02-25
日本東京TBSからの養護センター報道 02-18
世界一の高齢化社会とも言われている日本ですが、お隣、中国でも毎年800万人のペースで急速な高齢化が進んでいます